人気ブログランキング |

[PR] 日経平均
酉の肖像

雄鶏、雌鶏、何思う。





****************
 三の丸尚蔵館第40回展「花鳥-愛でる心、彩る技 <若冲を中心に>」第一期で、憧れの伊藤若冲「動植綵絵」30幅のうち、6幅にご対面してまいりました。皇室ってば、こんなお宝を所有してるとは。しかもタダで見せてくれる太っ腹さ。

 平日のため、見学客はおば様方が圧倒的なのですが、彼女たちの「この人、キ○ガイだったかもねぇ」というストレートな発言に不謹慎ながらも心の中で激しく同意。徹底的に現実を観察し続けた結果、突き抜けてハイパーリアルの世界に逝っちゃってる感じ。鶏も骨格的には正しいのかもしれないけれど、異星の生物に見えなくもない異様さ。

 ちょっとした発見だったのは解説に「主題となる対象物を線ではなく、面中心で描いている」と記されていたこと。確かに!日本画って、線中心で描くもの。でも、言われてみれば若冲のそれはベッタリと色で塗られ、その上から線で羽の質感とかが書き加えられて。なんとなく今に通じる感覚は、その辺からも来てるのかしらんと素人は妙に納得いたしました。

 …で、今回アップした写真はちょっと昔ですが、酉年の年賀状に使った1枚。多摩動物公園で撮影。私にしては珍しく画像処理(…と言ってもコントラストを高めたくらい)してます。酉(鶏)つながりということで。
by lirong | 2006-04-13 10:36
<< 椿姫 吸い込まれそうな青 >>