人気ブログランキング |

[PR] 日経平均
<   2006年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
黄水仙

鈴なりの黄色い花。チリン、チリンと音が聞こえるような。


**************************
クロス現像の効果で、驚くほど花と葉のコントラストがはっきりと。
by lirong | 2006-03-30 21:11 | flower
The moment to close your eyes
The moment to close your eyes_f0040718_16373247.jpg
 
闇よ。死の手はもうそこまで伸びている。


**********************
椿は咲いているものよりも、なぜだか落ちてしまったものの方に魅かれます。

クロスプロセス第3回目。相変わらず失敗コマばかりです。

けれども、最初のころ
「フィルムスキャン時に、スキャナーに、像が映らない
=フィルムには映ってるんだけど、何らかの原因(カラーバランスが極端?)で、サムネイルプレビュー画面に表示されない」
だったのが
「とりあえずフィルムスキャン時に、全コマともプレビュー画面に表示される」
レベルになりました。これも進歩でしょうか…?
by lirong | 2006-03-23 16:09 | flower
Lynch style?



非現実、無意識が交差する磁場。

**********************
 クロスプロセスに再チャレンジ。相変わらず失敗ばかりなのですが、その中で少し面白いと思ったもの。

 映画「ブルー・ベルベット」のイザベラ・ロッセリーニの部屋に、こんな感じのスタンドがあって、ラストの方で重要な小道具になっていんじゃないかというおぼろげな記憶が。または、振りかえるとミステリー・マン(「ロスト・ハイウェイ」)や泣き女(「マルホランド・ドライブ」)がたたずんでいそうな…。

 場所は横浜のバー、ばら荘。長谷川潔展の後、このバーで行われていた石内都のバラ展を見ました。いい具合に古びた店内の雰囲気と、枯れゆくバラの写真は見事にマッチしておりました。

 ばら荘自体は、デヴィット・リンチ映画のような怪しいところではなく。とても居心地のいいお店でした。展示会自体は既に終わっていますが、1点だけはずーっと置いておかれるようです。
by lirong | 2006-03-18 19:14 | 写真で遊ぶ
Photo exhibition
このブログをご覧になっている方に、写真展のご案内です。

戸高美香子写真展 なかゆくい(ひと休み)
3月11日(土)~25日(土)
場所:神田珈琲園
戸高さんサイト

第4回 Santa Party写真展 『Diamonds』
3月18日(土)~22日(水)
11:30~19:30(最終日は~16:00)
場所:アトリエ勝馬(恵比寿)
Santa Party メンバー photoletterrainさんサイト

************************
戸高さんの展示は、やさしい空気の流れる作品群でした。また、老舗喫茶店だけに、おいしいコーヒーを飲みながら落ち着いて鑑賞できるよい会場でした。

photoletterrainさんの方も早く行かなくては。
by lirong | 2006-03-18 16:59
Eternal Anemone 
Anemone

 朽ちたアネモネの花束から、ただ一つ、遅れて開いた蕾。命は回る。ダンスの輪のように。


*************************

 横浜美術館の「長谷川潔展」に行ってきました。

 長谷川潔は、大変好きな版画家。横浜美術館がコツコツと彼の作品を収集し続けていることは前から知っていました。いつか展示をやるだろうと、何年も期待していました。それが遂に。

 線の細かいタッチ、およびレースを取り込むといった繊細かつ華麗なテクニックもさることながら、晩年の作品の背景に見られる、音のない暗黒世界のようなしっとりとした黒色に、魂が吸い込まれそうになるのです。実に特異な質感をたたえた黒です。

 …で長谷川潔といえば、アネモネ。その昔、京都国立近代美術館で見て以来、心に焼き付いております。そして今日再び、出会うことができました。


 その長谷川潔のアネモネを頭に少しばかり置いて作ったのが、この作品。日常に潜む神秘、宇宙のリズム(に近づけたらいいなぁ)。
by lirong | 2006-03-14 23:45 | flower
Big Tree
Big tree

 雪の日は木々がいつもと違って見える。神秘的。

by lirong | 2006-03-12 00:12 | landscape
In the park of a snowy day
In a park of a snowy day
 
深々と雪の降る公園で。先月の風景を遅まきながら。

by lirong | 2006-03-11 23:56 | landscape
On a roof
Paris 2000

 誰もいない、誰からも束縛されない、一人。


***************


 前回の車と木とカットと同じ時に撮ったパリの写真。こっちは大観光地ポンピドゥーセンター

 え?

 あの異様な近未来的建築物はどこに?

 ポンピドゥーセンターの4階くらいから見下ろしての撮影でした。

 屋根の上の人(たぶん男性)のいる建物の前は、正面広場。世界中のお登り観光客&アート好き&大道芸人の喧騒すさまじい場所。

 けれども、ちょっと目線を変えると地元の人がのんびり日向ぼっこしながら、下界を悠々見学してるわけで。

参考:ポンピドゥーセンターからの眺め
by lirong | 2006-03-07 13:30 | landscape
Last scene & A blind alley

 全てが終わったその後も、道は続く。先は分からないけれど。



 侵食されているか弱い自然なのか、したたかに支配する自然なのか。

************

 昔の作品、と言っても写真歴自体が短いんですが、とはいえ最近のものではありません。上(Last scene)はリトアニアの首都、ヴィリニュス、下(A blind alley=袋小路)はパリ。両方とも名所旧跡ではなく、路地です。

 先日、父がいくつかのプリントの中から「事務所に飾りたい」と、選んだのがこの2点でした。

 私には花の作品が多いのですが、「花はどうしても季節感が出てしまって、ずっと飾りっぱなしにしにくい」とのことで却下。うーむ。そういう考え方もあるかと思った次第。
by lirong | 2006-03-04 01:10 | landscape